2018年07月14日

配偶者の住民税が上がった理由〜〜株式譲渡の損失繰越と住民税の関係

yahoo!知恵袋 2013/12/23より転載


<質問>red*******さん

株式の譲渡における損失繰越制度は住民税においても効力あるのですか。
株式の譲渡における損失繰越制度は所得税だけの税制なのでしょうか
確定申告すると所得税は繰越損失を控除後の所得に課税されますが
住民税の場合、繰越損失控除後の所得が合計所得に加算されるのか
繰越損失控除前の譲渡益が合計所得に加算されるのか、分かりません。
どちらが合計所得になりますか。
この合計所得が国保の算定基礎になるのですね。

ー**−−**−**−**−**−**−**−**−**−

<回答>波平さん sou********さん

>株式の譲渡における損失繰越制度は住民税においても効力あるのですか。
はい、あります。
所得税も住民税所得割も同じ所得を基準に計算されます。

>確定申告すると所得税は繰越損失を控除後の所得に課税されますが
住民税所得割も繰越損失を控除後の所得に課税されます。

>住民税の場合、繰越損失控除後の所得が合計所得に加算されるのか
>繰越損失控除前の譲渡益が合計所得に加算されるのか、分かりません。
後者になります。

税法上の「合計所得」には特別な意味があります。
合計所得とは、繰越損などの控除をする前の所得額です。
住民税所得割の計算では控除後の総所得で計算します。
住民税均等割は合計所得額で判定されます。

住民税には、所得割と均等割があり、それぞれ異なる計算をします。
所得割では損益通算後の総所得額を使い、均等割では損益通算前の合計所得額を使います。

また、扶養控除や配偶者控除の判定も「合計所得」を使います。
国民健康保険料所得割の算定基準に「合計所得」を使うところが多いが、違うところもあります。

*******************************************

なるほど!波平さんのご回答が的確でとてもよく分かりました!

配偶者の今年6月からの住民税が昨年に比べだいぶ上がってしまったので調べたところ、
専業主婦の私に所得があり、配偶者控除ではなく、配偶者特別控除になっていたため
控除金額が38万から11万に減っていたから、ということが分かりました。

一昨年にFXで多額の損失を出し、昨年はFXで21万ほどの利益がありましたが
損失繰越で昨年のFXの所得が0になると思っていました。
住民税の配偶者控除の判定においては、FXの21万と上場株式等の配当の47万を合わせて、
68万の所得となり、配偶者特別控除11万になったというわけですね。

ラベル:確定申告
posted by ミルクパンダ at 20:10| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

平成30年度過納金還付充当通知書

自治体より納め過ぎとなった市民税等について、還付のお知らせが届きました。

<平成30年度 市民税・県民税課税明細>

所得金額 0円

分離課税分の所得金額
                     上場株式等の配当等 469,678円
                     先物取引               211,236円

所得控除額
                     生命保険料              28,000円
                     基礎                     330,000円
                     合計                     358,000円

課税所得金額                                         0円

                                                       市民税        県民税
配当割控除額・株式等譲渡所得割控除額   14,079円    9,386円
所得割                                                      0円           0円
均等割                                                3,500円    2,000円
合計税額                                             3,500円    2,000円

あなたの平成30年度の市民税県民税合計税額     5,500円
差引した普通徴収税額                                   5,500円
所得割より控除しきれなかった配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額  23,465円

過納金 17,965円

ラベル:確定申告
posted by ミルクパンダ at 13:50| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

平成29年度過納金還付充当通知書

自治体より通知あり
納め過ぎとなった市民税等について、還付してくれるそうです。
昨年度は赤字が大きかったので!

平成29年度市民税・県民税課税明細

所得金額 0円
分離課税分の所得金額 0円
所得控除額生命保険料 28,000円
                     基礎 330,000円
                     合計 358,000円
課税所得金額 0円
                          
配当割控除額・株式等譲渡所得割控除額
                      市民税         県民税
                      3,985円      2,657円

あなたの平成29年度の市民税県民税合計税額 0円
所得割より控除しきれなかった配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額    6,642円

過納金 6,642円

ラベル:確定申告
posted by ミルクパンダ at 14:14| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

FX税金 専業主婦


FXの利益が20万円未満
確定申告も不要ですし、ご主人は配偶者控除が使えます。

FXの利益が20万円以上38万円未満
確定申告をして税金(15%)を納める必要はありますが、ご主人は配偶者控除が使えます。

FXの利益が38万円以上130万円未満
確定申告をして税金(15%)を納める必要がありますし、ご主人は配偶者控除が利用できなくなります。そのため、ご主人が払う税金が上がります(税率15%なら5.7万円、税率20%なら7.6万円)。

FXの収入が130万円以上
確定申告をして税金(15%〜)を納める必要がありますし、ご主人は配偶者控除が利用できなくなります。また、社会保険や厚生年金の扶養者基準から外れますので、自分で国民健康保険や国民年金保険の保険料を負担しなくてはならなくなります。

***

確定申告して税金を納めるのは国民の義務なので仕方ないですが、
扶養からはずれ、健康保険や年金の保険料を自分で負担しなければならなくなるのは、ちょっときついですね。

ラベル:FX
posted by ミルクパンダ at 18:41| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする