2022年02月13日

e-Taxで確定申告終了2021分

私の確定申告(分離課税)を今年もe-Taxで行いました。

パソコンに保存しているはずの昨年のdataファイルが見当たらなくて
呼び出すことができなかったので、昨年のPDFを見ながら新規で作成しました。

確定申告、どうして税務関係の文字は長くて漢字ばかりで難しいのか、、
まあ何とか作って送信までしました。

損益通算、損失の3年間繰越控除で、4,785円の還付金が発生しました。

毎年損失が大きくて、3年間で控除しきれないというね、、(^_^;)

posted by ミルクパンダ at 18:23| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月09日

確定申告開始まであと1週間

まもなく確定申告が始まります。
今年は延長なしで、2/16〜3/15。
期限厳守!早くやらなければ。

支払調書が11枚もあちらこちらから郵送されてきました。
また、あるところの支払い明細と実際の振込額が違っていて、
カード明細や通帳を突き合わせたり、問い合わせメールを送ったり。
目がチカチカする

憂鬱だ、、


posted by ミルクパンダ at 13:53| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

配当所得税還付金 2021

<配当所得税還付金 2021>

A証券会社 72,192 (外国債券での損失があったので)
B証券会社は損失がなかったので、0円


◎特定口座に算入された上場株式等の配当等や特定公社債等の利子等は、特定口座の年間の譲渡損益が損失の場合には、損益通算が行われ源泉徴収税額の過納分が翌年の年初に還付されます。(SBI証券より)


★外国債券の損失と言っても、評価上のものもあり、
円転していないので実質的な損失になっていないものも含まれます。

A証券会社で保有しているのは国内債券、外国債券がほとんどで、
今は売買せずただ保有しているだけになっています。
債券の償還や利金で出金するのみ。
今、債券はいいのがないのでね!
投資信託の手数料や為替手数料の高さを考えると、何も買えない、、まじめに。
しばらくは取り引きしないかも?
A証券の預り残高がどんどん減って、どんどんSBI証券に吸い込まれていく、、笑

posted by ミルクパンダ at 15:27| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

年調還付2021

配偶者の12月の給料で、年末調整の還付金が一緒に振り込まれていました。
約15万円です。
昨年は約10万5千円でした。

今年はiDeCoも始めたし、他に控除できるものが増えたので
(私のiDeCoも混ぜてくれたらいいのになあ!)
還付金が多くてホクホクです。

毎月取られすぎているのを取り返しているだけですが、
やっぱりiDeCo掛金の全額所得控除は大きいですね!!

さあ、源泉徴収票を見て、ふるさと納税の上限を探ってみよう!
今年もあと10日とは信じられない、、

posted by ミルクパンダ at 22:57| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

豪ドル預り金を円転売却、税金は?

今年1月に豪ドルMMFの繰り上げ償還があり、
それ以降豪ドル債券の利金・償還金は利息の付かない預り金に入るようになりました。

その1月以降、利金、償還金、既発債の豪ドル債券を数回購入、
外国為替取引で預り金10,000円分売却などを経て、
9月より豪ドル預り金に988.70豪ドルが残っていました。

そして10月18日にその預り金をレート83.75円(手数料込)ですべて売却しました。
振り込まれた金額は82,803円です。
最後7月に既発債を買ったときのレートは81.87円(手数料込)で、
このときに今の預り金が発生したのでこれが基準になると思います。

この間の為替差益は、特定口座ではないので、雑所得として総合課税の対象となり、
自分で計算して確定申告する必要があるとのことです。

★★★

<為替差益を得ていても確定申告が不要となる場合>

@複数の会社から給与をもらっていない
A年収2,000万円以下の給与所得者
B為替差益を含めた給与所得と退職所得以外の所得が20万円以下
という3つの条件をすべて満たすこと。


<専業主婦が確定申告不要となる場合>

為替差益が年間38万円以下
ただし、他に副収入などによる所得が20万円以上あると、確定申告が必要になります。

posted by ミルクパンダ at 12:51| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

特例給付認定通知書

今年の6月分(6〜9月分、10月支給)より、
児童手当ではなく特例給付が支給されることが決定しました。
月10,000円(年12万)が月5,000円(年6万)に減額。

昨年度分(一昨年の所得をもとに計算)は特例給付だったのが、
こちらの所得の計算間違いで、正しくは所得制限内に収まっていたので
差額分を後から支給していただいたのでした。
6万円の差は大きい。

昨年は所得制限ギリギリでもなかったので、まあ仕方がないかな、、

でも、、高い税金払っているのだから、満額くれー
( ̄◇ ̄;)

posted by ミルクパンダ at 15:05| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

確定申告更生の請求で戻ってきた金額

一昨年の確定申告で収入を50万超多く申告してしまい、更生の請求を行った件

5月中旬 更生の請求
6月中旬 所得税差額還付   95,361円
7月上旬 児童手当不足分給付 60,000円
7月下旬 住民税差額還付   46,800円

     合計        202,161円


ご迷惑をお掛けしました m(_ _)m

◎高い税金を払っているので、節税対策はしっかりとしていきたいです!!


posted by ミルクパンダ at 12:05| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

令和3年度過納金還付充当通知書

自治体より納め過ぎとなった市民税等について、還付のお知らせが届きました。

<令和3年度 市民税・県民税課税明細>

所得金額                    0円
分離課税分の所得金額
                     上場株式等の配当等     0円
                     先物取引                   0円

所得控除額
                     生命保険料              21,638円
                     基礎                     430,000円
       ------------------------------------------
                     合計                     451,638円

課税所得金額                                         0円


                                                          市民税     県民税
配当割控除額・株式等譲渡所得割控除額       661円     441円
所得割                                                     0円         0円
均等割                                                     0円         0円
合計税額                                                  0円         0円

あなたの令和3年度の市民税県民税合計税額           0円
差引した普通徴収税額                                      0円
所得割より控除しきれなかった配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額  
                        1,102円

過納金 1,102円

★損失及び損失繰越額が多いので、所得金額0円 (^_^;)

posted by ミルクパンダ at 20:00| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月09日

税務署から振り込みあり

令和元年の確定申告で収入を過大申告していた件

5月半ばに税務署で「更生の請求」を行い、
5月末に更生通知書が届き、
そして今日無事に振り込みがありました。
10万円弱です。

3ヶ月くらいかかると言われていたのですが、
早く処理していただけたようです。
また住民税の戻りは、あと1か月くらいかかる模様。

というわけで、今年の分について、
早くも?領収書の整理とデータ入力に取り掛かりました。
一度6月で〆るくらいでないと、ですね!

あれはギリギリで慌ててやるとダメだ、
もう間違えないように気をつけよう!!
m(_ _)m


posted by ミルクパンダ at 18:10| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

更正の請求

昨年、令和元年の確定申告で誤って収入を多く申告してしまった件で、
配偶者が税務署へ出向き、「更正の請求」をしてきました。

行く前に税務署に電話をかけたら翌日以降の日時を指定されたので、電話しておいてよかったです。

確定申告した時の誤った数字の書類と、正しい数字の証拠となる証明書類を添えて提出。
更正の請求書は税務署の方が記入してくれました。

手続きに3ヶ月くらいかかるとのこと。
住民税も払い過ぎていることになるので、税務署から市役所に連絡が行きますが、
一応こちらでも確認しておくように、と。

還付金は所得税と住民税合わせて6ケタいきます。

以後、気を付けます。 (/ _ ; ) m(_ _)m


posted by ミルクパンダ at 10:25| 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする