2020年10月26日

関ジャム「完全燃SHOW」〜男性声楽家特集 2020/10/25

男性トップ声楽家 奇跡の共演!

 ソプラノ 岡本知高さん
 アルト(カウンターテナー) 彌勒忠史さん
 テノール 秋川雅史さん
 バリトン 大沼徹さん

各パートの声域についての説明や、声楽家あるあるなど興味深かったです。
オペラの一節を歌うのを聴いて、やっぱりプロはすごいなあと感心しました。


<オペラの配役の傾向>
 ソプラノ・・ヒロインなど最も多く主役を演じる
 アルト・・・脇役の中で重要な人物
 テノール・・ヒロインの恋人役、ヒーローなどの主役級
 バス・・・・父親、賢者、魔王


声帯は持って生まれたもので、声帯の長さや太さでどのパートかすぐに決まるが、
訓練によってパートを変えることも可能とのこと。
オペラでヒーローをやりたかった秋川さん(バリトンからテノールへ)と、
ヒーローになりたいと思わなかった大沼さん(テノールからバリトンへ)の対比が面白かったです。


最後は4名でベートーベンの第九を合唱!
第九は年末などに大勢で合唱するもので、各パートの4名だけで歌うのは珍しい。
関ジャニ横山さんがおっしゃっていましたが、みなさんが主役で誰一人埋もれていなかったです。
素晴らしい!
JーPOPの、リードボーカルにハモリの形ではなく、それぞれが独立していると。
貴重なものを聴かせていただきました。 (^o^)

posted by ミルクパンダ at 16:20| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする