2017年05月18日

ゆうちょATM暗証番号3回間違えてロックされた

ゆうちょATMで暗証番号を3回間違え、ロックされてしまいました。
本人名義で、窓口が空いている時間であれば、身分証明書を見せたらすぐにロックを解除してもらえるそうです。
しかし、土曜日、しかも配偶者の通帳。初めて引き出しを試みた通帳です。

ゆうちょのサイトで委任状をコピーし、配偶者にすべて記入してもらい、お届け印を押したものを、月曜日に窓口に出しました。
暗証番号(照会・誤回数消去請求)にチェック。

ところが、まさかの印鑑違い。↓↓通帳に印影がないので、すぐには正しい印鑑が分からない。
そこから100万円下ろして、別の銀行のインターネットバンキングで早急に振り込む必要があったので困りました。
でも印鑑違いだから、ごねても仕方がない。

委任状があると言っても、このご時世。
もう一度委任状を、ではなく、本人が窓口に来るように言われました。
ワタシハアヤシクナイヨ

翌日の朝、無理を言って配偶者と一緒に窓口に出向き、手続きを済ませることができました。
窓口でお金を引き出し、振り込みも間に合いました。
暗証番号は7〜10日後に自宅に郵送してくれるそうです。

そもそも、配偶者の通帳は私がすべて管理していますが、
新しく配偶者本人が作った口座の暗証番号と印鑑は、口座を作ったときに教えてもらわなくてはいけなかったですね。
世間的にはダメなんでしょうけれど。


<後日談>
手続きしてから3日で、簡易書留で暗証番号が届きました。「詐欺に騙されないで」という紙とともに。
暗証番号は、じゃあ○○○○かも、と言っていたのとは違っていて笑ってしまいました。

タグ:ゆうちょ
posted by ミルクパンダ at 11:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする