2014年12月30日

ゆうパック、食品にカビが。

実家の母がゆうパックで自宅でついたお餅を送ってくれました。ところが年末のせいか2日遅れで到着。配達員は、遅れてすみません、と一言詫びました。開けてみたところ、お餅は4個ずつラップにくるんで12パックあったのですが、全部にカビが付着していました。

フリーダイヤルへ電話。届いたときの状況や住所電話番号などいくつか質問され、調査後折り返し連絡をもらうことになりました。差出人に連絡がいくことは避けたかったのですが、調査する上で必要だとのことで、了解しました。

最初は現物を見にくるという話でしたが、結局現物を見ることなく、差出局の局員が差出人である母の元へ出向き、ゆうパックの送料のみ、後日母の通帳へ返金してくれることになったそうです。母が教えてくれました。こちらの郵便局からは連絡がありませんでした・・・。

お餅は、、、
母の気持ちを無駄にしたくないと思い、お餅のカビを全部切り落としました。とても肩が凝る作業でした…。

後日談、母は、謝罪に来た郵便局員に、焼いたお餅をごちそうしたそうです、、、。
どんだけお人好しなんでしょう。


posted by ミルクパンダ at 03:15| クレーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする