2019年10月08日

関ジャム 「完全燃SHOW」〜甘い声の男性ヴォーカリスト特集 2019/9/29

1週間以上経ってしまいましたが、、

今回の関ジャムは私の好みドンピシャな神回でした。
「甘い声の男性ヴォーカリスト」特集

それなのに、始めの10分見逃すという、、録画もできなかった (>_<)

<20〜50代女性が選ぶ甘い声の男性ボーカル ランキング>
1平井堅さん
2福山雅治さん
3藤井フミヤさん
4秦基博さん
5徳永英明さん
6河村隆一さん
7玉置浩二さん
8hydeさん(L'Arc〜en〜Ciel)
9増田貴久さん(NEWS)
10草野マサムネさん(スピッツ)


専門家による男性の発声についての講義が興味深い。
福山雅治さんや藤井フミヤさん、平井堅さんは喉の奥の方から、声の芯を包み込むような発声。
徳永英明さんは吐息交じりのエアー感たっぷり、
河村隆一さんや玉置浩二さんの「泣きの響き」などの解説が。


そして大御所、井上陽水さんと玉置浩二さん。
年を重ねるにつれ、下の音域が広がりより味わい深く、甘くなったと。
井上陽水さんの「いっそ セレナーデ」と玉置浩二さんの「メロディ−」
過去の歌声と、近年の歌声を比較して聞いたところ、同じ曲なのに、確かに全然違う!
熟成されたような、より心に染み入るような歌声になりました。

私の中では、玉置浩二さん(とASKAさん)を神!だと思っているので、
今日は玉置浩二さんの話が聞けて面白かったです。


それから、今頭の中でグルグルループしているのが、
back number 「HAPPY BIRTHDAY」のサビ

♪ああそうか そうだよな♪ の、そうだよなの「そ」が、
地声で出せる音なのに、わざわざファルセット(裏声)を使ってせつなさを表現していると。
なるほど。



この番組を見ていつも思うのが、専門家の方は、歌がとても上手だなということ。
当たり前ですね 、失礼! (^^;
作曲家でもコーラスの方でも、ここはこんな風に歌うのが特徴だとか、
ピアノでこんな風に和音が変わっていくという説明をするときに、アカペラで歌うのですが、
上手だな、もっと聞いていたいな、と思ってしまうのです。完璧な音程。
歌が上手だったり楽器が弾けると、ほんといいですね!


関ジャニのみなさんは仲が良くて楽しいですね。
丸山さんの井上陽水さんのモノマネ、ウケましたー。笑



posted by ミルクパンダ at 10:45| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする